fc2ブログ
里山生活
趣味三昧に暮らそうと田舎に越した、じいとばあばの泣き笑いの日々をつづっています。
げん担ぎ そして下草刈り
息子に玄関で行ってらっしゃいした後 急いで居間に戻り窓から見ると
公道を通る息子の車が見えます。間に合えば、その日は平穏な日となる。
これが毎朝の「げん担ぎ」です。息子は知りません。
良く見えるように下草刈りをしました。下草刈りと言えば、ここに越して
きた時タラノ木と漆の木の違いが分からず、触れてしまいその手袋を水で
洗ってかぶれ酷い目にあいました。漆を触ったら、先ず油(クレンジング
オイル、皮膚の丈夫な人は台所の洗剤等)で良く落とす。不要の布で
洗剤をふき取り、ぬるま湯で良く洗う。それから石けんで良く洗う。
この順です。まずシャワーを浴びるなどしてはいけません。シャワーで
漆が飛び散り皮膚についたところがまた過ぶれます。

これはタラノ木。手の届く背丈で先端を切らないといけないそうです。

30㎝位のタラノ木です。棘があります。 漆は棘はありません。

小さいタラノ木、このくらいの時は漆とほとんど見分けがつきにくい

冬に切り残された漆、1,5m位です。

花菱草。じいが100円で2袋を沢山買って適当に撒いたらこの花だけが
あちこちで増えてます。草刈りを始めた時は開いてました。 

4時過ぎ上がってきたら、くるくると花弁を閉じていました。
オレンジ色が素敵な元気ものですがお行儀がいいですね
[2023/06/24 23:57] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(12) |
白雲木の花
一週間ほど前から真っ盛りです。じいの大好きな木の一つで 一日に
同じ説明を何度もしてくれます。訪ねてくる人は初めて聞いたという顔を
してくれますが、ばあばはうんざりします。 けれど、ここに越してきて
初めてこの木を知ったとき ばあばも感動したので、じいも強く印象に
残っているのだと思います。丁度 山桜位の大木です。花はつり下がって
いるので 遠目より近くで見上げたほうが美しいです。

見上げると木に一杯このように見えます。

枝脇から花の茎が育ち そこに15個くらいの花が房のように垂れさがります。
寝るときに、明日が楽しみと思える 小鳥鳴き 若緑爽やかな5月の山です
[2023/06/01 14:15] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(10) |
| ホーム |
プロフィール

山家の桜

Author:山家の桜
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR