fc2ブログ
里山生活
趣味三昧に暮らそうと田舎に越した、じいとばあばの泣き笑いの日々をつづっています。
明るいニュース
一週間ほど前から公道を挟んで真向いで杉の伐採をしています。杉は暗くて
冬になると ここだけ雪が融けては凍り、車にとってはプチ難所でしたが、
一気に明るくなりました。あとは落葉樹の櫟などを植林して、使えるほどに
なるには 15年以上かかるそうですので 清々しています。
 しかし、何事も100%良いことづくめと言うものはなく、煩いのはもう少し
の我慢だとしても公道際に植えてある紫陽花をはじめとする日影植物は
どこかに引っ越しさせねばなりません。
ばあばのお仕事また増えましたあ~。゚(゚´Д`゚)゚。





しかし先程支援しているところから、メール届きヤレヤレの思いを
吹き飛ばしてくれましたました。このお子さんには何が渡されたのか
分かりませんが、カメラに向かって一生懸命な様子がうかがえて
可愛く思えます。この団体とは緩く長い付き合いですが、日本では
捨てられたり仕舞い忘れて古くなったものも、整理し国々の実情に
合わせて送っているそうです。NPO法人ワールドギフト(WORLD
 GIFT)お時間ある時 検索してみてください。
2023_07_YANO ウガンダ 202307_convert_20230727153255
[2023/07/27 17:10] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(7) |
割れ鍋にとじ蓋
夏が来るたび思い出す「割れ鍋にとじ蓋」 次男が小6くらいだった
でしょうか。夫の悪口をこぼしたら、さらりと「そういうの『割れ鍋に
とじ蓋』っていうのでしょ」と。国語嫌いで日記は毎日「起きた。飯
食った。寝た」ばかり。俳句は「夏休み蝿がうんこにたかってる」と
いった具合で、親泣かせの癖に、なんでそんなん覚えてる⁉ と
呆れました。今になれば、子供の観察力は大したものです。じいも
ばあばもまだ一緒にいるのですから。
 山里暮らしになったら、鉄鍋やほうろく(焙烙)へっつい(竃)などの
母が使っていた懐かしい昭和の初め頃の物を使ってみたいと思って
いましたが、だんだん老化が進むであろう現実と設計士の素敵な
写真に惑わされ、機能重視のキッチンになりました。引っ越しが
多かったせいもありますが、写真は我が家で唯一の一番古い
2007年の薬缶です。今住んでいる母屋を建てるにあたって、
大工さんの麦茶用に買ったものです。ガラスの蓋にピンクのつまみ
ピンクの取っ手でした。蓋を落として割れてしまったら即大工さんが
この木の蓋を作ってくれました。以来麦茶用として活躍しています。


[2023/07/19 16:36] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(15) |
お天気崩れる?
今日は今年一番の暑さ(室内27.3℃)でした。でも木陰は風が吹き抜けて
ゆくので体感はさほどでなく、庭の手入れを少しして空を見上げたら
こんな雲ができてました。うろこ雲ではなくて、天気が崩れる前にできると
聞いたことがあったので、取り敢えず地面につきそうな紫陽花を切り取り
ました。大きいものは玄関に、小さいものはそれぞれ花瓶にさして家の中
紫陽花がいっぱいです。

飛行機雲が崩れているのだと思います。すぐ崩れるのも雨に向かうとか
聞いたことがあります(覚え違いかも?)。

小さい紫陽花をトイレの月の舟(花器の名前)に乗せました

[2023/07/06 23:33] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(16) |
| ホーム |
プロフィール

山家の桜

Author:山家の桜
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR